"七つ前は神のうち"

七つを過ぎて人の子になるその日までは、
ぼくがきみを守るよ




狐面の少年

ゆき の守り神
心優しい性格だけど、かなり照れ屋

ゆき

もうすぐ七つになる女の子
守り神のことを『きつねさん』と呼び、慕っている

志摩

何百年も生き続けているらしい化け猫
狐面の少年に興味があるらしく、何かと理由をつけては付き纏っている





本編を読む(18ページ)