サンタやトナカイ、そしてクランプス達の住む街コルヴァトゥリ。
異なる世界へと続く穴、通称『ゲート』が点在するそこは、おとぎ話が日常として存在する場所。

義務教育終了直前、滑り込みで受けた試験でトナカイとしての才能を見出された少女は、
『ルドルフ』の名前を与えられ、サンタクロースとトナカイのための専門学校、セント・リュミエーリアへの編入が決定します。
トナカイになれば、大学までの学費が無料だわ、給料は貰えるわと良いことずくめ。
あまり裕福でなかった彼女の家族は、早速彼女をコルヴァトゥリの街に送ることに。
けれど肝心の学校は現在夏季休暇中。その上パートナーを組むはずのサンタクロースも、一人は不在、一人は役立たず。
しかも家にはパートナーの代わりに敵対校グラキエースの生徒と、それをやたら虐げるおかしなぬいぐるみが入り浸っているしで——


一日中日の沈まないコルヴァトゥリの夏。ルドルフは長い長い一日を、無事過ごす事が出来るのでしょうか。